バンビウィンク 授乳中 妊娠中

バンビウィンクは授乳中・妊娠中でも飲んでも大丈夫?

バンビウィンクは授乳中・妊娠中でも飲んでも大丈夫?

 

 

 

まつイクサプリで人気のバンビウィンクは妊娠中や授乳中に不足しがちな栄養素も含んでいます。しかし、赤ちゃんへの影響がないか心配ですよね。

 

バンビウィンクはサプリメントなので、食品からできています。そのため、普通は授乳中でも妊娠中でもOKのはずです。しかし、商品の裏には「妊娠中、授乳中の方、薬を服用中あるいは通院中の方は、医師または専門医にご相談ください。」と記載されています。

 

結論からいいますと、授乳中は大丈夫ですが、妊娠中は胎児の成長に影響する可能性があるので、医師に相談してから摂取することをオススメします。

 

バンビウィンクは授乳中に飲んでも大丈夫?

 

 

 

出産後は、妊娠中とは反対に女性ホルモンが急激に減少します。そのため、髪の毛と同じで、まつ毛も抜けることが多い時期です。バンビウィンクはまつ毛の健康をサポートしてくれるので、摂取したい栄養素が豊富に含まれています。

 

ただ、授乳中であると注意が必要かもしれません。成分が母乳中に分泌され乳児が摂取する可能性があるからです。実際に授乳中にバンビウィンクを摂取したら、「授乳している息子のまつ毛がふさふさになった気がする」とブログに書いている人もいました。

 

主成分であるポリアミンは粉ミルクにも配合されていますし、ビオチンは授乳中も安全に使用することができるとされています。母乳に移行したとしても子どもへの影響は少ないと考えられます。

 

 

バンビウィンクは妊娠中に飲んでも大丈夫?

 

 

 

妊娠中はバンビウィンクを摂取しても大丈夫なのでしょうか。

 

主成分の1つであるビオチンは妊娠中に過剰摂取したとしても、母体への影響はありません。しかし、胎児発育には影響が出るとの報告があがっています。胎児に多量のビオチンが移行し奇形が生じる可能性があります。

 

ただし、ビオチンは欠乏しても奇形のリスクがあるので、バランスの良い食事をこころがけ食事から摂取することが大切です。バンビウィンクには摂取目安量の9倍程度配合されているので、妊娠中は摂取を控えたほうが安心かもしれませんね。

 

妊娠中にどうしてもバンビウィンクを飲みたいときは、医師に確認してからにしましょう。

 

妊娠中・授乳中に必要な葉酸も入っている

 

 

 

バンビウィンクには妊娠中・授乳中に必要とされる葉酸やビタミンC、ビタミンB2なども入っています。妊娠中や授乳中は赤ちゃんにも栄養を届けなくてはいけないので、不足しがちです。

 

葉酸以外の栄養はできるだけ普段の食事からとることが推奨されています。しかし、バランスの良い食事をとろうと頑張りすぎて、ストレスになってしまってもいけません。

 

できることなら栄養素が豊富なバンビウィンクで、効率よく栄養を摂取したいですよね。バンビウィンクを摂取したい場合は、医師に相談し安全性を考えてから摂取することをオススメします。

 

まとめ

 

 

 

・産後は飲んでも大丈夫だが、授乳中は母乳に移行する可能性あり
・妊娠中は胎児への影響がある可能性がある
・かかりつけの医師に相談してから摂取するのがオススメ

 

まつ毛だけでなく、美と健康をサポートしてくれるバンビウィンク。妊娠中や授乳中は、普段以上に豊富な栄養素をしっかりバランスよく摂りたいですよね。妊娠中や授乳中は普段よりも体がデリケートなので、念のため医師と相談しながら摂取することをオススメします。

 

 

page top